ストレスの原因を回避

女性

柔軟に生きる事の重要性

自律神経失調症の症状は、発熱、下痢、動悸等人それぞれによって異なりますが、原因も人それぞれによって異なります。原因の一つとして、ストレスに弱い性格に起因している場合もあります。会社で責任のあるポジションに付いた場合、モチベーションが上がり、高い目標に向かって進める性格の人は、自律神経失調症になりにくい性格と言えます。同じ境遇になった時、もし失敗したら、仕事に対して過敏になり過ぎる性格の人は、自律神経失調症になりやすい性格だと言えます。物事の受け止め方、プラス思考で考え、柔軟に生きていく事が大切な事です。仕事の環境が変わっても、人、仕事、職場に柔軟に対応していく事は、自律神経失調症になる事を防ぐ上で大事な事だと言えます。

ありのままの自分の大切さ

環境の変化についていけなく、自律神経失調症になるケースもあります。転勤で職場、居住環境が変われば、神経を使うし、自律神経が乱れる原因になります。職場、居住環境が変わって、ストレスが大きなるのは、主に人間関係によります。職場の人や近所の人に気を使う、どういう立ち位置で接していけばいいのかわからない等により、ストレスが過敏に反応します。しかし、職場、居住環境が変わっても、自分らしく生きるのが、健康的に生きる上で大事になってきます。周囲の評価を気にしても疲れる だけだし、ありのままの自分で生きていけば、職場、居住環境等が変わっても柔軟に対応できます。また、ありのままの自分で生きていく事が、結果として自律神経失調症になる事を防止してくれます。